あけましておめでとうございます2012年01月01日 13時19分55秒

新年あけましておめでとうございます。

前年は自分の体験した中では最も災厄な年だったので、今年こそは平穏な年になるよう祈っております。

抱負としては、遅々滞々として進んでいないデータベースの更新をいい加減前進させたいところ。

今年期待している場所は難攻不落の城として名高い玉縄城で、11月には築城500年祭が催されるとのこと。是非とも忘れないようにしておきたい。

東北関東大震災における奥羽各地の城址の被害状況2011年03月20日 06時10分31秒

現段階で被災地入りするのは現地で働いている方々の迷惑になるため、まだ直接現状が把握できませんが、やっとボチボチ城址の被災状況が判って来ました。

秋田城・・・築地塀が一部剥離。
岩出山城・・・藩校・有備館が倒壊。
仙台城・・・本丸北西部の石垣と大手隅櫓の一部が崩壊。
白石城・・・大櫓の壁に亀裂。
白河城・・・石垣が数箇所に渡って崩落。
若松城・・・天守閣の壁と塩蔵に亀裂。

この中では白河城(小峰城)が被害が心配で、この城独特の『同心半円型落とし積み石垣』(通称:鷹の目石垣)も崩れてしまったそうです。修復するにしても果たして以前の積み方を再現できるのか不安でなりません。

仙台城も石垣が崩れて車道を塞いだそうですが、積み直したばかりの石垣は無事だそうです。本丸の崩落した石垣は以前からいつか車が石垣に突っ込むんじゃないかと思ってた辺りで、歩道が無いため本丸西ノ門などを見るために散策した時は車に気をつけないといけないほど危険な場所でした。まぁ、本丸西ノ門は閉鎖されて立ち入り禁止ですし、見に行くのは同じ穴の狢くらいでしょうけど・・・。

あと、岩出山では有備館が倒壊したそうで、噂では建物の柱がことごとく折れてしまったとか言われており、画像を見ないことには信じられませんがこれも心配なところです。

情報が入ってこない場所で不安な場所は震源に近い涌谷城ですね・・・あそこには貴重な太鼓櫓や勾配のきつい現存石垣がありましたが無事でしょうか・・・。あと、石垣だと金山城、二本松城、平城あたりも心配なところです。

貞観地震と大津波について2011年03月14日 10時30分22秒

どうも報道などでは「1000年に一度の地震」という言葉が独り歩きしているようなので、ちょっと歴史の観点から記述しておきたいと思う。

これは1000年前に同じ場所(宮城県沖)で同種(プレート連動型)の地震があったことを指して「1000年に一度の地震」と言っているのであり、1000年に一度の確率の大災害というわけではない。同じ規模の災害は歴史上、違う場所で何度か起こっているのである。

では、1000年前に同じ場所で起こった地震は何かというと、平安時代の869年の貞観地震と考えられており、古文書の「三代実録」にはその時の被災状況が記録されている。それによれば、強い地震の後に多賀城の城下町が津波に飲まれて多数の人々が亡くなったと記録されている。

これは地質考古学の調査からも確認されており、仙台平野の海から3kmの位置まで津波が来ていた痕跡が発見されている。現在の多賀城跡は海から4kmほどの位置にあるが、当時の海岸はもっと内陸にあり、実質は1.5~2kmほどである。

貞観の大津波については確か現地の多賀城址(東北博物館の展示だったかも)の説明にも書かれており、多賀城を散策した時はこの辺り一帯が津波に飲まれたということがあまり信じられなかったが、今回の地震の津波の映像を見てやっと貞観の大津波の記録を信じることが出来た。今回の津波は実に仙台平野の海岸から6kmの場所まで飲み込んでおり、今回の津波がいかに恐ろしいものだったか確認できる。

なにはともあれ、今回の地震は貞観地震よりもさらに規模の大きな地震であり、歴史上でも最悪の地震である。今も被災地は大変なことになっているが、自分にできることがあまり無いのがなんとも歯がゆくて悔しい。

観測史上最大の地震2011年03月12日 05時56分10秒

数年前から「三陸沖で今後30年の間に巨大地震が起きる確率は99%」と発表されてきましたが、仙台に住んでいた頃にはあまり実感していませんでした。しかし、今こうして大震災を目の辺りにすると恐怖で震えがとまりません。

なにより自分が生きているうちにM8.8という観測史上最大の地震が起きるだなんて想像すらできていませんでした。余震ですらも通常の大地震並みの震度で頻発しており、しかも続けて別の地域でも大地震が起きるという最悪の展開となっており、不安を掻き立てられる一方で全く眠れません。

普段なら文化財の心配をするところですが、もうそれどころじゃないため、落ち着いたら整理してみたいと思います。

奥羽と信越の被災地の方々はまだまだ大変でしょうが諦めずがんばってください。

11月7日城跡紅葉紀行【閑話】2009年11月17日 00時10分17秒

膨らんでしまったパンの袋
比高200m程度の山に登った時はこんなことは無かったのですが、宇津峰山(標高676.9m、比高約400m)ではパンの袋が膨張してパンパンに・・・。もっと標高が高い場所じゃないとこうならないだろうと思っていたので、少々驚かされました。