11月24日九州紅葉の旅・ラスト(福岡県朝倉市)【久野邸】2014年12月11日 00時58分20秒

秋月城跡を見た後は、田園の広がる城下を散策して武家屋敷の久野邸へと向かった。久野邸は秋月藩の馬廻りを勤めた上級武士の屋敷であるが、貰ったパンフレットには久野氏についてはあまり書かれていなかった。唯一書かれていたのが久光製薬社長夫人の生家がここで、それが縁で久光製薬の管理で屋敷が保全されていることであった。たぶん資料が無いので想像になるが、黒田二十四騎の一人の久野重勝の一族が福岡藩の支藩の秋月藩の黒田家に仕えてここに屋敷を構えたのが始まりではないだろうか。

武家屋敷久野邸
久野邸の入口は腕木門で質素だが、中級~上級武士の屋敷としては標準的な門である。だが、面白いのは門に隣接する中間部屋が2階建てになっていることで、他ではだいたい1階建ての平屋なだけに珍しい。ちなみに今は受付になっていて、ここで入場料を払う。


武家屋敷内
武家屋敷の母屋の内部は大体想像通りであったが、面白いのは母屋に隣接する2階建ての建物があることで、てっきり近代に増設されたものかと思っていたが、解説によると秋月藩の藩主から賜った建物だという。なお、屋敷内は庭園の占める割合が大きく、庭園の奥に「離れ」があるのもいかにも上級武士という感じで興味深かった。


絵になる風景
屋敷内は至る所に広葉樹があって綺麗だったが、やはり二階建ての建物から見る景色が素晴らしかった。画像はその二階建ての部屋の窓際の風景で、なかなか洒落た感じだったのが印象的だった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kojoh.asablo.jp/blog/2014/12/11/7514361/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。