11月22日九州紅葉の旅・その1(宮崎県綾町)【綾城】2014年12月01日 00時52分53秒

11月後半の三連休は久しぶりに暇が出来たため、秋を求めて九州へと出かけて来た。今年も引き続き忙しい日々が続いたため、秋を満喫する間も無くあっというまに関東も東北も落葉してしまったため、それならいっそと秋真っ最中の九州に飛んだわけである。

初日は空路で宮崎入りし、宮崎市街の紅葉はまだ微妙だったので、山側へ向かった場所にある綾町へと向かった。もちろんこの場所にある中世の城である綾城が目当てである。


銀杏と綾城
綾城へ向かう途中に大きな鳥居があり、その鳥居の側に銀杏の木があったのだが、残念ながら黄葉が終わって落葉が始まっている感じだった。画像はその銀杏の木越しに綾城を望んだ景色。


堀切跡を通る車道
綾城のある台地へと登る道は車道くらいしか見当たらなかったので、その車道を登って向かったが、おそらく画像の道は堀切跡を拡張して車道を通したものだろう。画像右側が三の郭で、左側が四の郭である。


国際クラフト城入口
三の郭から主郭までの一帯は有料区画となっており、入口には冠木門風のゲートがある。ゲートの看板に「綾城」「国際クラフトの城」とあるが、後者は二の郭跡に建てられた工芸館のことである。ちなみに画像とは逆の四の郭の方は駐車場と民家となっている。


模擬城門
三の郭は冠木門だったが、二の郭の入口は薬医門が建てられており、模擬城門とは言えなかなか凝った造りになっているのには感心させられた。まぁ、伊東氏の家臣の綾氏の居城にしては少し重厚すぎる気もするが・・・。


堀切
綾城跡にはとにかく堀切と土塁がよく残っており、前述の三の郭と四の郭間は車道で破壊されているものの、他の郭の間にはしっかり画像のような堀と堀に面した土塁を見ることができた。


移築学校
二の郭内には「国際クラフトの城」と呼称する工芸館があるが、その工芸館の隣には地味に昔の学校の建物を移築した記念館があった。城跡とは関係無い建物ではあるが、それでも赤ポストも含めてなかなか味のある景観だった。なお、二の郭跡には井戸の遺構がしっかり残っていた。


綾城天守閣
二の郭跡の国際クラフトの城の前を右に曲がりさらに奥に進むと堀切を渡った先の主郭に辿り着くが、ここに麓から見た望楼型天守閣が建てられている。もちろん綾城にこのような建物があった記録は無いため、これも模擬建造物なわけであるが、建造には日本城郭協会の人が携わったらしく、かなり本格的な木造の建物となっていた。模擬建造物でこれほど本格的で驚かされたのは伊賀上野城以来である。


天守閣からの眺め
天守閣内部は資料館となっており、地形模型などもあってなかなか参考になったが、やはり見所は最上階からの展望であた。ここからは綾の街がある盆地が一望でき、まさに領主の居城に相応しい眺めであった。

綾城散策は想像していたよりも楽しめたのだが、当初の目的である紅葉はほとんど見られなかったため見込みが甘かったことを痛感させられた。

11月23日九州紅葉の旅・その2(熊本県人吉市)【人吉城下町】2014年12月01日 23時31分19秒

初日は綾町と宮崎市内を散策し、夕方に加久藤盆地に移動して京町温泉に泊まった。そして2日目は日本三大車窓の肥薩線矢岳越えを通り、人吉盆地へと移動した。実は途中の車窓から霧の海に沈む加久藤盆地と遠くに聳える霧島連峰というなかなか幻想的な風景を見ることができたのだが、初めてで事前知識が無く、かつ移動中の車内だったため上手く写真に残すことが出来なかった。


人吉駅前
人吉駅に到着して駅を出ると、駅前には城下町らしい洒落た時計台があった。地味に人吉城のはねだし石垣をリスペクトしてるのが面白い。


中川原公園
城下町から球磨川を渡って南岸の武家屋敷のある方面を目指したが、橋を渡る途中で球磨川に大きな中州があるのが見えた。後で資料館に寄った時に判ったことだが、この中州は江戸時代の絵図にも見えており、当時の城下町と城を繋ぐ橋が架けられていた。なお、その橋は西南戦争で焼失している。


永国寺
球磨川南岸に渡りまず向かったのが永国寺で、西南戦争では西郷隆盛の本陣がここに置かれていたという。寺は観光客にも開放されており、奥の庭園が見える部屋まで中に入れるとの誘導もあったので、せっかくなのでお邪魔することにした。


永国寺の庭園
正直なところ予定には無かった寄道だったが、寺の裏にある庭園の池の周りの木々はちょうど紅葉しており、なかなか見事な景色を見ることができたのは良い収穫だった。


永国寺山門から人吉城を望む
寺の山門からまっすぐ伸びる道の先にある山が人吉城で、その手前に広がるのがかつて武家屋敷が立ち並んでいた一帯である。


堀合門
その道の中間あたりにあるのが現在唯一残る武家屋敷で、その屋敷の門は人吉城の堀合門を移築したものだという。つまり、この門が人吉城の唯一の現存建造物ということにもなる。余談になるが、この屋敷の前にはデカイ総合病院があり、景観的に両者は真逆で合わないため、これは地味に衝撃的な光景であった。


胸川と大手橋
武家屋敷からさらに東へ移動すると胸川に辿り着くが、ここより先が人吉城跡の縄張りであり、画像の対岸に見える石垣が大手口の跡である。